見出し画像

呑んだあとにチャットモンチーを聴いてはいけない

立ち飲み屋で楽しくおしゃべりした帰り、いつものようにイヤホンを接続する。

チャットモンチーの「染まるよ」が耳を通して脳に流れ込んでくる。透き通った声は歌詞までまっすぐに脳に来る。揺れる電車で足を踏ん張る。

あなたの好きな煙草
あたしより好きな煙草

飲みながら歌い続けたカラオケで友達が歌っていて、いいなあとその場でスマホに入れた曲が、わたしの脳にまでインストールされる。恋は火のようだ。胸の中で燃えて、熱量はコントロールできず、嫉妬や自分の認めたくない気持ちまで胸を熱くして止まらない。

あなたのくれた言葉
正しくて色褪せない
でも もう いら ない

振り切ろう振り切ろうとしてもだめだ、無理だ、言葉は呪いなんだから。いい言葉だって、呪いのようにわたしを繋ぐんだから。その言葉で生きてきたわたしが、どうやってあなたなしにいられるんだろう。無理だ。炎はもう燃え続けている。

いつだってあなただけだった
嫌わないでよ 忘れないでよ
プカ プカ プカ プカ
煙が雲になって 朝焼け色に染まるよ

イヤホンがバッテリー残量の低下を2回告げたあと音楽の再生を止めた。急に終わってしまう恋みたいに曲も終わった。電車の窓に映る自分をぼんやり見る。無駄に切なくなるから、呑んだ後にチャットモンチーを聴いてはいけない。

今日は珍しく歌のことを書いてみました〜!とっても切ない曲ですがとってもいいのでぜひ…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
15

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

書いた本人がお気に入りのやつ

自分で書いた、大切にしたいnoteをあつめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。