名称未設定アートワーク_2

スマートフォン便利すぎ問題

先日、電子書籍のKindleが読める「Kindle Paperwhite」を導入した。

Kindleのアプリ自体はiPhoneにもiPad Proにも入っている。Kindleで本を積極的に読むようになったのもiPad Proを使い始めてからだった。それでも、わたしにとってのiPad Proの主目的は「イラストを描くこと」なので、同時並行にはしにくいし、優先されるのはイラスト制作のほうになってしまう。だから、Kindleアプリは時々開いてちょこちょこと読み進める程度だった。

Kindle本対応してない本も家にはたくさんあるのでそちらを読むこともあるけれど、Kindleの本をじっくり読みたい時もある。

今までわたしはKindleの端末が必要だと思ったことはなかった。「iPhoneにも入ってるし」と。でも、これがなかなか集中して読めないのだ。(サイズ的に読みにくいなどもあると思うけれど)

なんせスマホには大量のアプリが入っていて、常に何かのアプリを起動したり、切り替えたりしている。「よし!読書をしよう!」と思ってスマホを開いたその画面がTwitterで、つい気になる投稿があったらそのままTwitterを見続けてしまったことも一度や二度ではない。

英語学習の関連アプリも、目につきやすい場所に配置したり、まとめてフォルダにしたりと試行錯誤した。だけど、スマホは機能が多すぎる。便利すぎるのだと思う。

ーーー

Kindle Paperwhiteは読書しかできない。(検索や購入もでいるけれど)だけど、わたしの読書量は上がった。

何種類も入れていた英語アプリをスマホで管理するより、朝起きて必ず座る場所に参考書を置いた方が学習の習慣が身についた。

デジタルが便利だと信じて疑わなかったスケジュール管理が、専用の手帳(手帳術・バレットジャーナル )を使うことによってスムーズになった。

ーーー

こう考えると、ひとつのデバイスに機能が多すぎるのも考えものだなあ、と思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
26

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN / 何が出るかな何が出るかな / 生きづらさの末に精神障害診断 / 4歳くらいからピアノ10年、学生時代は体育と英語が得意、数学ダメだけど証明問題は好き https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。