見出し画像

まちがいさがしの まちがいの方で

まちがいさがしの まちがいの方で生まれてきたような気でいたけど

こんな歌い出しで始まる、現在放送中のドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌「まちがいさがし」。ドラマは、大学生のときに事故で下半身付随になってしまい車椅子で過ごす「樹」と、高校生の頃に樹を密かに好きだった「つぐみ」との恋愛を中心に描かれている。昨日(4/23)第二話だった。

二人は社会人になって「運命的な再開」をし、つぐみは好きだった頃の樹が、車椅子になってしまったことを戸惑いながらも受け入れようとする。樹自身もまた、平気なふりで振舞っているが、障害を理由にできないことが許せず、無理をする場面がある。

「こんな体だから、頼ってもらえることってなくってさ、だから頼ってもらえたときは全力で応えたいんだ」

一級建築士の夢を叶えた樹は、車椅子を使う障害者としての視点を生かしてコンペに出すデザインにアイディアを出す。だが、そのデザインで描きなおそうとしたとき、下半身付随で起こってしまうことのある合併症で入院を余儀なくされる。

がんばりたいのに、がんばれない。自分ではどうしようもない理由で。

それでも、がんばっていたいのだ。自分が生きている意味を感じたいのだ。確信がある。わたしも精神に障害を抱え、「がんばりたいのにがんばれない」ことにぶつかることがたくさんある。

まちがいさがしの まちがいの方に生まれた気がしていたけど
まちがいなしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと思う

まちがいの方で、それでも生きていていいんだと、自分を認めてあげたい。正解の方を生きたかった。やりたいことがたくさんあった。諦めたことを数えたら、いったいいくつになるかわからない。傷つかないように、心の奥にひとつひとつ、しまって鍵をかけたから。

わたしの病状は次々と変化する。もうずっと眠れなくなってしまった。眠くて仕方がないのに、よく寝たと思って時計を見ると、1時間ほどしか経ってないときもある。生活の足しにしようと、障害基礎年金の受給を希望していた。でも、受給資格がなく申請すらできなかった。理由は、年金の未納があまりに多かったから。

役所で見せてもらった、わたしのいままでの納付をみて、払えなかった「まちがい」の印をみて、やり切れない思いでいっぱいになった。成人した頃からずっと心身のおかしさに振り回されていて、まともに働けなかった。年金の納付は国民の義務だ。「正解の方」だ。そんなことわかってる。わかってるんだよ。でもどうしてもできなかったんだ。

自分の「まちがい」かもしれない心身のおかしさを、自分で認めたくて障害者手帳をとった。青い小さなカバーの手帳を受け取ったとき、中を開いたとき。自分で申請したからって、受け入れられることなんて到底できなかった。

まちがいさがしをしたらきりがない。わたしは「まちがい」ばっかりだ。エラーが起きているから直さなきゃと思うけれど、どうしようもないことにぶち当たるときも数え切れないほどあって、そのたびにただ泣いたり嘆いたりするしかないこともある。

ドラマで描かれた、高校生時代にバスケットボールで活躍していた樹の姿と、昔の自分が重なる。わたしは優等生だった。樹もわたしもきっと「パーフェクト」だったのだ。

「パーフェクト」を知って、「まちがい」になることの、支え切れない重さ。それでも、「正解の方」じゃなかったから出会えたものが、わたしにもあったのかな。

---

昨晩、ドラマ「パーフェクト・ワールド」の主題歌「まちがいさがし」の歌詞を手帳に書き起こした。曲の配信は5/14だから、まだ手に入れることはできない。曲を歌っている菅田将暉さんのラジオで、つい先日の月曜日に曲のフルが初解禁された。

眠れずに起きてしまい、ラジオのバックナンバーになっていたフル初解禁の回を聞いていて、歌詞を聞き取っては少しずつボールペンを走らせた。漢字とか、本当の歌詞は色々違うかもしれないけれど、いつも持ち歩く手帳でいつでも見れるようにしたかった。

ラジオのバックナンバーは制限がかかっていて、数日で聴けなくなる。書き起こしたあとに歌詞と歌のすばらしさに泣き疲れてもう一度寝たら、もうバックナンバーは聴けなくなっていた。

眠れない「まちがい」の状態だったからこそ聴けたラジオと、書き起こせた歌詞と。ドラマ本編もさることながら、終盤に静かにこの曲が流れるとき、わたしはこれからも泣くだろう。

不眠の情緒不安定で泣きながら書いたこの文章を見返して「そんなこともあったな」と思えるくらい、何か少しでも変化してくれたら。「正解の方」じゃなくてもいいから。

「まちがいさがし」が配信される5/14を楽しみに、それまでのドラマが放送される火曜日にぽつりぽつりと足跡を残したい。それがどこかに、つながってたらいいな。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
51

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

コメント1件

こんにちは。ことのはと申します。
少し前からフォローさせて頂いていますが、ますぶちさんの綴る文章が好きです。

私もどこか自分が「まちがい」であるような感覚を持ち続けていて。
みんなが当たり前に出来ることが出来ない、そんな悔しさやもどかしさで胸がいっぱいになってしまうことが多々あります。

だけど、この世界には「正しさ」だけでは救えないものが沢山あるようにも感じています。

生きていると苦しいことも多くありますが、私みたいにますぶちさんのnoteに救われるひとも沢山いると思うので、どうかその優しさを大切にして頂きたいなと思います( ˘ᵕ‪˘ )
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。