見出し画像

仕事でなくても、文章を書かずにはいられない

起きてスマホを見ながら、Apple Pencilをなんとなく充電する。こんなやり方だから、いざペンを使おうと思ったときは充電が少なくなっていることばかり。とても去年イラストレーターの仕事をしていた人の行動とは思えない。去年は毎日イラストを描いていたので、いつも充電を切らさないようにしていた。

だけど、ふと「こんな感じのものが作ってみたいかも」と思ったときには頭の中に完成形ができているから、残り少ないペンの充電でもなんとかなることも多い。スピードはかなり速い方だと思う。


「完成形をイメージしてから手を動かす」というのはデザインでも言われたことだし、色々な創作に通ずるのだろう。

更に去年は「イラスト制作の過程をできるだけテンプレ化してスピードを上げたい」ということをよく言っていた。おかげでたくさん仕事をすることができたのだけど、今振り返るとそれは自分にとって一番の悪手だったなと思う。テンプレを固めてルーティンを繰り返すのはわたしが一番苦手でモチベーションが下がってしまうことだ。必要な場面があることはわかっているけれど、どうしても興味が保てない。そのことに自分で気づいていなかった。

専門学校に入ったときにも思ったけれど、わたしにとって「絵を描くこと」は「やらずにいられないこと」ではないみたいだ。

専門学校にはいろんな子がいた。授業中でもノートに絵を描く手を止めない子、同じテイストでひたすら自分の絵を突き詰める子、絵が好きでたまらないという子。見渡して「ああわたしは違う」と思った。自分は絵が好きだと思っていたし、美大受験までは行き帰りの電車で毎日知らない人をクロッキーしたりしていたのに。受験した美大にどこも受からずかなりやさぐれていたのに、ふらっと入った専門学校でもあんなに行き場のない気持ちになるとは思わなかった。


じゃあわたしが「やらずにいられないこと」は何だろう。そう考えると、たぶん文章を書くことなのだろうと思う。小学生の時から作文が好きで、原稿用紙を配られるといつもワクワクした。ハッと気づくと原稿用紙は先生に言われた枚数をいつもオーバーしていて、夏休みの読書感想文は自分のグッときたところをひたすら書き込んで脱線する。

「文章がうまい」と褒められたことなんてなかったけれど、小学2年生で登校拒否をしたときは、「買ってくれたら学校に行くから」と、子ども用のワープロを買ってもらった。その前から母が仕事用に使っているワープロを借りたりしていたのだけど、自分で自由に使えるものが欲しかったのだ。両親にとってわたしのワープロは安い出費ではなかったはずなのに、わたしはそれでも学校には行かなかった。学校に行かずに毎日好きなことを好きなときに書く生活は幸せだった気がする。

もっと幼い頃の話を母から聞いたことがある。わたしは絵本の絵や外の草花などを見ることに熱中していたのに、成長の早い段階で文字に興味を持ち始めたらしい。母はそんなわたしを見て、せっかくの感性が育まれないかもしれないと心配したそうだ。小学校の中学年くらいからは、よく父の部屋に入って、難しそうな本が並ぶ本棚から興味に従って本を出して読んでいた。当然漢字は読めないものばかりだし文章も難しいのだけれど、父に聞いたり自分で想像したりして読むのがひたすらに楽しかった。

近頃、この「文章を書くのが好き」という性質を使って何か仕事ができないかと探っていたのだけど、どうもどの求人を見てもピンと来なかった。グルメライターをした経験があるのでなんとかなるかもしれないと思ったけれど、多分わたしはライターにはなれない。


相変わらずやりたいことに対して、どうこねくり回してもお金が足りない。気づけば毎日お金のことを考えている。

今使っている愛用のカメラFUJIFILM x100fを買ってからは絞りやシャッタースピードをいじってあれこれ撮影するのが楽しかった。もっと奇想天外で面白い写真が撮りたいと思いはじめたとき、オールドレンズのことを知った。今のカメラはレンズ一体型だからオールドレンズは使えない。レンズの取り外しできるデジタル一眼をあれこれ見てみたけれど、わたしにはとても手が届かない価格帯で、儚い夢になってしまった。

それでもこの「予想外」「奇想天外」が好きな性格はどうにもならないから、工夫するしかない。ふと思いついて透明なグラスにレンズを突っ込んでピアノの鍵盤を撮ってみた。歪みと、わずかに入ったボケ。

画像1

こんな感じで「思いついたときにやりたいことをやる」ということを大切にしたいので、わたしのデバイスはいつも充電ケーブルに繋がれている。Apple Pencilももっとこまめに充電しなくちゃ。でもまあ、そんなに急ぐこともないのかもしれないな。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
33
Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。