見出し画像

戦闘力4じゃ闘えない

先月末から具合がものすごく悪い。色々詰めてきていた物事を片付けた疲れがどっと押し寄せたのと、双極性障害の周期的なうつ状態、冬季うつの症状、眼瞼下垂というまぶたがさがり見えにくい症状。トリプルコンボだ。

ふと、今日の食事中に夫に聞いてみた。

「ねえ、わたしの絶好調の状態を戦闘力10としたら、ここ2週間くらいのわたしって戦闘力いくつくらいだと思う?」

「んー…4くらいじゃない?」

きちんと低い数字を言ってもらえてほっとした。平日、わたしたちは完全に別行動をしている、夫は会社で仕事だし、わたしは家やらあちらこちらで仕事をしたり休んだり。

そして夜、夫が帰ってくるころにはわたしはそこそこ元気になっている。というのも、うつ症状には日内変動というものがあって(すべてのうつ状態に当てはまるかはさだかではない)、朝が最悪の気分で、夜に向かって軽くなっていく。だから夜の状態だけを見る場合、「元気そうだな」と思われてしまうことが多い。

「じゃあそれを踏まえて、夜は6くらいかな」

「そうだね」

「自分で勘違いしちゃうときがあるんだけどさ、夜いくら元気でもやっぱり戦闘力4なんだよね。戦闘力4じゃ闘えないのに。」

先日買ったばかりのバーチカル(縦が時間軸になっている)手帳も夕方以降にしか自分の仕事の予定をいれられていないし、お昼過ぎまでむにゃむにゃしている。でも、それでも戦闘力4のうちは戦闘力が上がるのを待つしかないのだと思う。重い腰を上げてお風呂でも浸かってさ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
28

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。