見出し画像

左手に海ができたの

予定の帰り道、なんとなくピンと来て立ち寄ったアクセサリーショップで出会った指輪の青い石に吸い込まれた。ずっと左手人差し指にはめる指輪を探していたのだ。前につけていたものはすぐに色がくすんでしまった。

思わず手に取って裏返し、タグでサイズを確認しようとしたら、指輪がサイズ調整できるようになっていた。これならわたしの太い指でも入るかもしれない。購入前の商品を調整するのはまずいかなと思い、店員さんのところに駆け寄る。少し調節したら人差し指にはまったので、そのまま会計をした。

何の石か分からないけれど、海みたいだと思った。少しくぐもった色を含んだグラデーションなのもいい。



わたしは九州の島生まれだ。母の里帰り出産だったので、生まれた場所が島だっただけだし、生後何ヶ月かで神奈川の実家に戻ってきた。だから生まれた場所に帰っても故郷みたいな感じはしない。というか、故郷と思うなんておこがましいと思っているのかもしれないとも思う。

今住んでいる場所も、長く暮らした実家も、神奈川なので海はすぐ行ける。だけど、一度生まれた島の海の色を知ってしまったら、神奈川近郊の海からは足が遠のくようになってしまった。行っても、どこか海じゃない場所にいる感じがする。生まれた島を囲む海を初めて見たときは、エメラルドブルーに近い青だと思った。光をたっぷり吸い込んで海そのものが光るような明るい青。

遠くて行けないエメラルドブルーの青とは少し違う色だけど、この指輪をつけていれば左手にいつも海があると思うと、波音さえ聞こえるような気がしてくる。



小説「蛇にピアス」の終盤で、主人公が念願のスプリットタンになったときに「私の中に川ができたの」という言葉を使う。スプリットタンとは、舌をピアスで拡張して二股に分けること。この小説は、主人公がスプリットタンを知って興味を持つことから始まる。タトゥーを入れるエピソードも出てくる。いつの間にか小説にかなり影響されていたんだろう。この文章のタイトルの「左手に海がある」と言う表現は、「川ができた」に露骨に似ていると今更気づく。

わたしは今、スプリットタンのように体を変えたい思いもないし、タトゥーで刻みたい何かもない。強いて言うなら、タトゥーはさりげないところに入れてみたい。自分の信念を表す言葉がいいけれど、長くなりそうなので決めかねている。



最近、鏡を見るたび自分の髪色が変わっていく。前はブリーチの上にアッシュくらいだったのですぐに落ちるし、変化もあっという間だった。でも前回に入れてもらったブルーシルバーという色は、ここまで様々な変化をするのかと驚く。青が抜けてシルバーのような黒のような感じだった時期を経て、今は更に地の金髪が透けて、ところどころ金色がかっていて不思議な感じだ。

思えば、スプリットタンやタトゥーではなくとも、30代で金髪にしたのも、自分にしてはなかなかインパクトのある出来事だった。10〜20代は外見のコンプレックスをかき消すのに必死だったから、目立つことをして自分の姿に注目が集まるのが嫌だった。耳たぶのピアスを空けたのも20代後半だ。校則違反でピアスを空けたり、スカートを短くしたりする子たちはたくさんいたけれど、わたしは彼女たちと同じようなことをしても楽しい気分にはなれないと思った。校則違反で怒られるのも面倒だと思った。

最近、我ながらよく怒っているな、と思う。子どもみたいなワガママも言うし、口が悪くなった。嫌いなものを「好きじゃない」じゃなくて「嫌い」と言うようになった。今のわたしが思春期に戻ったら、ピアスのひとつでも空けるんだろうか。



わたしは占いが好きだ。有名な占い師さんの占いは毎週欠かさず見ていた。でも、いつ頃だったかやめてしまった。どんな有名な占い師さんの言葉に期待しても、頑張れない自分には当たらない。



指輪は、つける場所によって意味が違うと言う。左手の人差し指にはめる指輪「インデックスリング」には、目指すゴールに向かう積極性を高める効果があるそうだ。他の指にもいくつか指輪をしていて、それぞれ願いを込めている。

「わたしの左手にできた海」はなかなかに大きくて、今日つけ始めたばかりなのにあちこちぶつけたりしている。わたしの目指すゴール。アーティストとして生きること。バクチみたいなこのゴールは、それこそ海に飛び込むようなものかもしれない。わたしは泳ぐのが下手だし、すぐに溺れるだろう。でも、やりたいことにまみれて、エメラルドブルーの海に飲まれるなら本望だ。この左手の海が、きっとわたしを導いてくれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
30
Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

コメント1件

ピアスやリングなどのアクセサリーやタトゥー、髪の色。
飾ったり刻んだり彩ったりすることで自分を持ち上げる効果がありますよね。
わたしも「蛇にピアス」を読んで、それがタトゥーに興味を持つきっかけになったし
学生の頃は真似してピアスの拡張をしようとしたりしました。
現在ピアスホールは合計3つに落ち着きました。腰にタトゥーが入っています。
めちゃくちゃ影響受けてますね。笑
でもそういうものって拠り所になってくれて、ふとした瞬間に
背中を押してくれたりして。Minakoさんの左手の海に近いものを感じて
コメントしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。