見出し画像

自分1人でも成長していくための考え方

先週末、働くマインドについてこんなツイートをしたら、とてもたくさんのリアクションをもらいました。

友人がくれたこの言葉は今でも大事にしていて、わたしの生き方の軸のようになっています。リアクションをくださったみなさんからも共感の声が多かったです。

「わかる!ハッタリ大事」
「フリーランスに限らず大事なことかも」
「心がけていきたい」

中には「これやりすぎると自分の方向性が分からなくなったりするから加減が難しい」という声も。本当にその通りだとわたしも思っています。加減の調整は難しい、でもきっと働き方を選ばない考え方だと思うのです。

特にフリーランスとして働いていると、成長するということがとても難しく感じることが多いです。大体の場合、上司のような導いてくれる人もいないし、自分を客観的に評価してもらえるシステムもない。その中で、もっとやれることを増やしたり今のスキルを磨いていくには、自分でその環境を作っていくしかありません。

これはわたしがフリーランスだから特に共感する言葉でもあったのですが、会社などの組織に属する方にも役に立つものではないかと思います。わたしも会社員時代、どうやって自分を成長させていくかあれこれ考えましたが、他人任せな考え方で働いていくのは難しい。以前、導いてくれる上司が辞めてしまったときにその先どうしていいかわからず、途方にくれたことがありました。

それでも、この言葉のように「今までできないと思っていたことをできるチャンスだ」と捉え直すことができたら、状況はまた違っていったかもしれません。

誰だって、どんな仕事だって「初めて」というタイミングが必ずあります。その「初めて」をチャンスと捉えられるかどうか。

この言葉をくれた友人はとてもマルチなスキルを持ったクリエイターですが、スキルをたくさん持てるようになると「やりたい仕事」を選びやすくもなると思います。スキルの幅を広げるだけではなく、深めることにも使える考え方なのではないでしょうか。

とはいえ、やりたいと思わない仕事や、圧倒的に難しい仕事の場合もあります。いつもいつも難しい仕事を受けるのがいいよ!ということではありません。やっていること自体はたとえ同じであっても、心がけ次第で仕事の成果も自分のあり方も変わってきます。

わたしは他にも「1つの仕事の中で必ず何か1つは挑戦をする」という風に心がけています。それは他の人から分かるようなことではなくても「挑戦し続ける」という気持ちがあるとどんな仕事も楽しくなり、小さな積み重ねが成長に繋がるからです。

常に「自分で自分を成長させる」というスタンスでいると、自分では変えられないと思える周囲の環境や自分の仕事の仕方もより楽しい方向に変わっていくのではないかと思っています。

・・・

👇今週末!6/15(金)〜17(日)は吉祥寺「ギャラリーイロ」で個展をやります!ぜひお気軽にお立ち寄りください٩( ᐛ )و

👇わたしのnoteを気に入ってくださった方は、ぜひ継続型課金マガジン(月額300円)の購読もお願いします。わたしにとって秘密基地のような場所です。日々考えたことをもっと細かく書いたり、お知らせがあると先行して書きます。ぜひ応援してください〜〜!毎週、水土日の3回更新しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
35

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN / Artist, JPN 視覚と音楽や文章、感覚全てを使って日本の生きづらさを突き抜けたい https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。