見出し画像

自分の持っているものに自覚的になること

昨日は、所属しているライティングコミュニティsentenceの「文章赤入れ会」でした。

文章を書く上で他者からの赤入れや感想は、文章をより良くするためにとても大事です。でも、慣れていないうちは赤入れされるとちょっとショックに感じてしまったりして複雑な気持ちになることもあると思います。わたしも今までたくさん赤入れしてもらったのですが、なかなか慣れない部分もありました。

そこで、実際に顔を合わせて悩んだ部分や感想も交えて伝えながら、赤入れをし合うことに慣れようというのが今回の「文章赤入れ会」でした。

・・・

一緒に赤入れをしたメンバーから「ますぶちさんの文章って丸みがある、やわらかい文章ですよね」と言ってもらいました。「なんかよく言っていただくんですけど、あまり自覚的じゃない部分もあるんですよね〜」と言いつつ、ひらがなが多めだったりすることはあるかもしれない、と話したりしました。

ありがたいことに、本当によく「やわらかい文章ですね」と言っていただきます。ただその上で悩むこともあります。わたしの文章は、サラーっと喉越しだけいい飲み物のようで、後味が残らないものになってしまうことが多い、ということです。ふわふわしているだけになってしまうんですね。

そこで、グッと記憶に残るような書き方ができる書き手さんに憧れることも多いです。「今の自分の書き方ではなくて、あんな風にすこし尖った書き方ができるようになりたいなあ」と思ったり。

・・・

今回の赤入れ会では、赤入れ原稿を用意した3人が、それぞれみんな違う文体でした。「この文体ならもっとこのまま押し切った方が良くなりそう!」とか「この文章の場合はもう少し柔らかい表現を入れても良さそう」など、自分なりに気づいたことを伝えさせてもらいました。

文体のコントロールが難しいという話になったとき、わたし自身も悩むことが多かったので、みんなで文体について話しました。

「自分にない文体の書き手さんに憧れたりすることってあると思うんですけど、まずは自分の文体がどんな風合いなのか自覚的になること大事ですよね。自分の文章って硬いな〜って思ったら柔らかい表現を意識的に入れてみるとか」

こんなことを喋らせてもらったのですが、赤入れ会に参加しなければ口から出てこなかった言葉だったかもしれません。

真夏日も真夏日の、すごく暑い日曜日の赤入れ会。でも、今このタイミングで赤入れ会に参加させてもらって、いろんなことが腹落ちしたような気がしました。「自分がなぜこう思うのか、どうしたら相手に伝わるか」ということを考えさせてもらういいキッカケになりました。

・・・

sentenceに参加したとき、わたしは「文章を書く経験が豊富なわけでもなく、書くことを仕事にしたいかどうかも分からない」という状態でした。なので、かなり気後れしながら赤入れをお願いしていました。

そのとき運営の方に言ってもらったことを、今でも覚えています。

「書く経験が少ないからといって気にすることないですよ。むしろ、赤入れすることによって自分の文章にも糧になることがたくさんあるはずなのでたくさん赤入れしてみてください!」

どきどきしながらもたくさん赤入れし、赤入れしてもらった経験は、たくさんわたしの中で糧になっているといいなと思っています。毎回書くときに「あ、前こんなこと赤入れしてもらったから、少し変えてみよう」と思うことが多々あります。

・・・

赤入れについて、「文章を書いてるんだったら、言語化できるものじゃないの?」と思っていたものでしたが、視覚的なものを作るときと変わらず難しいものなんですね。もしかしたら、「文章」が言語で書かれているだけに、文章の言語化の方が難しいことすらあるかもしれません。

わたしも憧れる文体はたくさんありますが、自分の文章の持っているものにもっと自覚的になりたい、と改めて思いました。そして持っているものを生かした上で、素敵だなという文章に出会ったら、そのエッセンスを取り入れられるようになりたいです。

晴れ晴れとした気持ちの帰り道は、文字通り晴れていて汗をぬぐいながら歩きましたが、これからまた書くことが楽しくなりそうで足取りが軽い道のりでした。

今まで無料noteは「必ずイラストを使う」という縛りでやってきたのですが、ちょっと変更したいと思います。いよいよイラストが追いつかなくなってきたのとw、noteをはじめた当初はイラストのアピールの場として使っていたのですが、少し意図が違ってきた感覚があるからです。

最近の写真は自分のカメラで撮影しているものですが、noteの「みんなのフォトギャラリー」からお借りしたり、柔軟にやっていけたらなあと思います٩( ᐛ )و

・・・

👇よろしければぜひ継続型課金マガジン(月額300円)購読での応援もお待ちしています!秘密基地のように、日々考えたことをもっと細かく書いたり、お知らせがあると先行して書きます。毎週、水土日の3回更新しています٩( ᐛ )و


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
33

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN / Artist, JPN 視覚と音楽や文章、感覚全てを使って日本の生きづらさを突き抜けたい https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

もう一度読みたいノート

図解以外でもう一度読みたい記事をまとめています。ノウハウ的なもの、情緒的なもの両方を含みます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。