見出し画像

走り抜けさせてよ、遠くまで

停滞しがちな自分の心身から飛び出していきたかった、だけど飛び出してみれば、その先でエネルギーのようなものが矢のように自分を傷つけた

どうして、ここだと思ったのに、ここじゃなかったの、何がいけなかったの、わたしがいけなかったの?

繰り返しループする思考はただ脳を疲れさせるだけで、そんな状況にもまた鬱々とした

風が吹いたらどこまでも走り抜けられそうな気がするのに、いつまでも留まっている自分がいやだった


だから、この風は逃したくない。走り抜けたい。今ならどこまでも優しく風が背中を押してくれるような気がするから

ブレーキから手を離さないことだけ忘れないでいるから、走り抜けさせてよ

いつもありがとうございます〜(^ω^)最近自分の生活に色々と追い風が吹いてきている感じがするので、大昔の絵からインスピレーションを得て書いてみました!

関連して、同じくらい短めのこんな記事も読んでくださったらうれしいです!
👉 「白い息、コンビニ、新しい世界

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
18

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN / 何が出るかな何が出るかな / 生きづらさの末に精神障害診断 / 4歳くらいからピアノ10年、学生時代は体育と英語が得意、数学ダメだけど証明問題は好き https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。