見出し画像

髪を短く、ネイルは赤く

午前中、美容院で髪をバッサリ切った。ボブからショートなのでそれほどバッサリでもないのだけれど。

ネイルは大体いつも赤だ。でも、ボブだったときよりショートになったほうが赤が映える気がする。髪がボーイッシュな印象になったから、スパイスみたいに効くのだろう。


女だけれど男になりたいと思うことがよくあった。今は、男性的な部分と女性的な部分が共存している状態はとても心地いいと感じる。「女性らしく」という世の中からの無言の抑圧を避け「個人」でいられる気がするからだ。

今朝、コンプレックスについての文章を書いた。性別からくるコンプレックスはやっかいだ。もっと女性らしくなれば悩みも少なかったのかもしれないと思う。でも、女性らしさによって抑圧を受ける人もいるみたいだ。性とは、なんてやっかいなものなんだろう。


noteで書く内容がどんどん変わってきた。

長々と母との関係について書く段階を終えたのかもしれないと思う。他のことを書いているうちにまた母のことに戻るのかもしれないとも思う。せわしなく日々のタスクリストをいっぱいにして、仕事のこと以外を考えないようにしているかもしれないとも、思う。

でも、柔軟にいきましょう。性別も、仕事や生活も、書くことも。

最近ちょっと肩に力が入った文章を書いていた気がしたので、日記風にさくっと書いてみました〜!٩( ᐛ )و

時々まんがも描きます!みてね〜!
👉映画「リトル・ダンサー」人生は美しい戦いだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
20

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN / Artist, JPN 視覚と音楽や文章、感覚全てを使って日本の生きづらさを突き抜けたい https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。