見出し画像

何者でなくても書いていいんだ

わたしは文章を書くのが好きだ。

1回、物語風の文章をたくさん読んでもらったときは、しばらくこの傾向でいこうと思っていた。その後に、働き方についての文章をたくさん読んでもらえる機会もあり、自分の文章が分からなくなった。

自分の精神疾患について伝えたいという欲求も満たされ始めたし、母との関係について文章で発散したいという衝動も減った。

それでも、なぜか書いている。目的がよくわからなくなったまま、文章にしてみたいことだけはあるのでぱちぱちとキーボードを叩く日々。


わたしはイラストレーターだから、イラストに置き換えて考える。どんな人にもイラストを楽しんでほしいし、描きたいという気持ちを大切にしてほしいと思う。

だから、わたしは文章について何者でなくたっていい。何者でなくたって書いていいし、何者でなくたって「うまくなりたい」「書きたい」と思っていい。そうやって自分に許可を出すことにした。

そういう風に思えたのは「自分が何を書きたいのかわからない」「わたしが書いていいのかわからない」そんな話をゆっくりと聞いてくれた素敵な人がいたからだ。

だから、小さなこの視界から、書くことを楽しんでいけたら。

読んでくださってありがとうございます〜!最近たくさんの方がフォローしてくださってびっくりしています⊂((・x・))⊃!気になった記事をお好みのペースで読んでくださると嬉しいです^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
68

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN / Artist, JPN 視覚と音楽や文章、感覚全てを使って日本の生きづらさを突き抜けたい https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

私のお気に入り記事たち

自分にとって必要な記事を集める
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。