見出し画像

アートは傲慢じゃなくて、大切なものに気づくこと

「アーティスト」として活動しよう、と決めて最初にやろうとしたのはインスタレーションだった。いざ動き出してみると色々な壁にぶつかり、一旦ストップさせてもらってしまった。

そうして、今の自分のできる範囲でやれることをやってみよう、としたところで、ふと以前使っていたポートフォリオプラットフォーム「Behance」を思い出した。

のぞいてみると、昔からの絵がすでに並んでいた。「自分自身が描いてて本当に楽しかった!」と思ったものばかり。クライアントの方に喜んでもらえるのとはまた違う、自分の胸がいっぱいになるような「体験」。

当時より英語は多少できるようになったから、もうちょっと細かく書くか〜というくらいで直近の作品から英語で詳細を書き始めた。すると、最近「アートしよう!」みたいに思っている作品の方がむしろ浅かったことに気づく。

自分の写真+英語のJazzを歌ってみて、面白いかなと思ったらすぐに飽きてしまった。あんなに歌がうまくなりたい、Take Fiveとか歌いたい、って思ってたのに。


同時に、専門学校時代に描いて自分でも気に入っている作品について英語で書いてみたら、ああもう本当にわたしはたくさんの人に見守られていて、わたしが気づいていなかっただけの、ただのアホだと気づいた。

これはミクストメディアという手法らしく(多分当時知らなかった)、アクリルガッシュベースに、布類(ガーゼやティッシュ)を貼ったり、画材もたくさん使って、なんかごちゃごちゃに作り上げていく、っていうのに興奮して、先生に「ラフはクロッキーみたいな線一本だったのに仕上がりが違いすぎる」と驚かれたことだけ覚えている。

それでもわたしは「わー!なんかできたー!」
くらいにしか思っていなかった。10年以上前の話だ。


当時の先生が教えてくれた言葉と繋がって気づいた。

「特にあの方がマイペースなお前に”アートとは”って教えようとしてたと思うよ。どんなにあの人がお前を気にかけてたか気づいてなかったのか。アホか。」

ちゃんとわたしに身をもってアートのことを教えてくれた先生や、肯定してくれた人がいたことにも気づかず、わたしはその専門学校でも「何にもなれない、みんなみたいな情熱もない」とただ落ち込んでばかりだった。本当になんで気づけなかったんだろう。中には亡くなってもう会えない先生もいるのだ。


自分が既にアーティストのような表現をしていたことなんて、さっぱり気づかなかった。ただ何かにぶつかる度にわたしが悪いんだ駄目なんだと、それで自己完結させていたし、それを表現する勇気もなかった。誰かを傷つけたくないと思ってとっていた行動が、むしろたくさんの人を傷つけていた。

「アートするぜ!」みたいのは全然アートじゃないんだね。

わたしが今やった方がいいことは、「新しいもの」を作ろうとすることより、今まで作ってきたものを深掘りして、なぜやろうとしたのか、なぜこういうモノになったかを、できる限り振り返ることなのかなと思う。


アーティストって名乗れるなんてすごい。「○○です」って言い切れるものがない、とずっと悩んできたけれど、わたしは表現を続けることでしか生きていけないし、亡くなった大切な先生も含めて、アーティストを名乗るしかないのだと思った。

だってそれでだってお礼の気持ち、ごめんなさいの気持ちが届く方法をわたしは他に知らないから。

大切なものに気づくためとは知らずに、今までただ興味に従ってやってきたことが繋がった瞬間、お礼を言いたい人にも言えなくなっていた。


だからアーティストはわたしの生業になった。恥じることなく名乗ります。わたしはアーティストだ。

For all people especially teachers taught me "What is Art".
I had never known about your deeply gentle feelings for me.

This art I made at a school I had been to.
There is some teacher who I can't say just only " Thank you".

I'm very sorry I don't know how to meet you.

So I'm going to being an Artist and continue expression.
Expression of my all skills, experiences, feelings, and everything of my inspirations.

This is the only thing I can do for you.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
25

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

書いた本人がお気に入りのやつ

自分で書いた、大切にしたいnoteをあつめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。