見出し画像

お手当て

お風呂あがりに、諸々のスキンケアを済ますと、それまで塗っていた紫のネイルを落とした。

紫のネイルは2〜3日は持っただろうか。
ネイルサロンに通うのをやめてから、すっかりこんな調子で、日持ちしないマニキュアをちょこちょこ塗り替えている。

ネイルサロンには、約1年くらい通った。次の施術の4週間くらいの間に爪を伸ばす部分(裏側のぷよぷよしてるところ)が育ってしまったらしく、伸びるのが早いですね!といつもネイリストさんに驚かれた。
わたしはショートネイルが好きだったのでこっそり悲しかった。

あのときみたいなプロの美しいネイルはわたしにはできないし、日持ちも良くないし、不便ばかりだ。でも、気分次第ですぐに色を変えられるのは楽しいかもしれない。

4週間くらい同じネイルで過ごすと考えると、どうも好きな感じに寄っていた気がする。少なくも、こんなグレイッシュな青は選ばなかったと思う。
ゴッホが使いそうな、深い青の色。同じ双極性障害の、ゴッホの。

些細なことでも、こうやって自分を「お手当て」していくこと。それが、今の自分に必要な気がしている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
27

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

書いた本人がお気に入りのやつ

自分で書いた、大切にしたいnoteをあつめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。