見出し画像

少しずつって言われても焦るじゃないですか

「無理せずにね、少しずつね」

そんなことを言われるたびに焦っていた。「いやいやそんな少しずつとか言ってる場合じゃないです」みたいな気持ちになってしまう。でもすぐに現実を変えられるわけでもない。

いつも「〜しなきゃ」「このままじゃだめだ」「でもどうしたらいいか分からない」のループでますます焦る、ということが多かった。でも「急がば回れ」って本当だなと今は思う。

人の気分は本当に些細なことで変わる。道端にかわいらしい花を見つけたり、お散歩中でご機嫌な犬を見かけて笑みがこぼれたりする。

そんな風に意識も変えられるし、習慣も変えられるんじゃないかと思っている。


「寝つきが悪いし起きられない」ということに長く悩んでいた。その悩みに対して家族がよくくれたアドバイスは「運動して疲れればぐっすり眠れるよ」というものだった。でも、運動しなくても心身が疲れ切っていたわたしには難しくて「運動ができない・活動的じゃない自分」にしょんぼりした。

だから、できることをできるときだけはじめた。

本当にそのときできそうな、無理のないこと。たとえば呼吸が浅いなら深呼吸をしたり。体が凝っていてマッサージを受けに行くのも辛かったら、クリームを付けてハンドマッサージする。言葉にしても、やってみても「たったこれだけのことで何が変わるんだろう」と思うかもしれないけれど、できるときにできることをやっていくと、できることが少しずつ増えていくと思う。

ハンドマッサージをすると、自分の手が凝っていることにびっくりするかもしれない。首や肩の凝りをほぐそうと思い始めるかもしれない。「いきなり毎日ヨガを30分しよう」と決めてできずに挫折してしまうと復活するのが難しいし、小さなことでも「できた」という気持ちの積み重ねは大きなものだと思う。

だから「少しずつ、焦らずに」という言葉の意味が、とっても今染みてくる。やりたいけどなかなかできない物事に近づいていきたい。それは、急に訪れたとしても、小さなステップからつながると思う。

各種リアクション喜びます〜!(コメント返せていないものがあってすみません…週末に…!)

以下はマガジンを購入してくださった方向けの文章です。記事単位でも買えますが、マガジン購入の方がお得になっています〜(^ω^)

有料部分は「少しずつ何かをするためのコツ」です。

この続きをみるには

この続き:622文字/画像2枚
記事を購入する

少しずつって言われても焦るじゃないですか

Minako Masubuchi / Artist

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
34

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN / Artist, JPN 視覚と音楽や文章、感覚全てを使って日本の生きづらさを突き抜けたい https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。