本を読み始めた本当の理由

最近、読書を再開した。
その理由は、もっとたくさんの文章を書くためにたくさんの文章に触れたいという気持ちからだ。

でも、それだけではなかった。寂しさを埋めたかったからだ。

普段わたしは特段やることがないとき、常にSNSをいじっている。Twitterを中心に、Facebookをチェックして、Instagramもざっと見て、その繰り返し。

仕事に集中しはじめたタイミングで通知が来ると、現実に引き戻されるのがイヤなので、スマホの通知はほぼ切ってある。LINEの通知ですら来ない。だから、何か来ているといいな、面白いものが見つかるといいなと自分から各種SNSにアクセスする。そしていつもぐるぐるしている。

周囲の人たちは自分のやるべきこととSNSをうまく使い分けているように見える。SNSを手段として使っていて、SNSに振り回されてはいない。

どう考えてもSNSに振り回されているわたしは寂しさをつのらせてしまう。誰かの反応に一喜一憂したり、誰も活動していないとひとりぼっちに感じたり。

そこで、本を読み始めた。SNSよりも情報が精査されていて、読んでいる時間も少し時間が穏やかだからと、気を紛らわすためにはじめた。もともと読書は大好きだったし、たくさん読んでいた頃はもっと夢中になって純粋な気持ちで読んでいたような気がして、また少し寂しくなってしまったけれど。


ここでは今まで愛情飢餓感についてよく書いてきた。これからもわたしの大きなテーマであり続けると思う。

やっぱり、わたしはいつも寂しくて、それを何かで埋めないといられないのだろうか。寂しさをありのまま感じてそのままに味わう、なんてことはとても耐えられそうにない。

だから、今は少しだけ本の力を借りる。注文してある本が1冊。同時進行で読んでいる本が数冊。そして今日も本屋さんに足を運ぶ。

読んでくださってありがとうございました!
この文章はここまでで全ての投げ銭スタイル(気に入ったら購入していただく形)です〜!もし気に入ってくださった方はわたしの本代やオヤツ代になりますので100円チャリンといただけると嬉しいです!スキ、コメント、シェア、サポートなども嬉しいです〜(^ω^)

こういった文章(エッセイ)を寄稿させてくださるメディアを探しています。お気軽に masco@hapticweb.org までご連絡いただけたら嬉しいです^^

この続きをみるには

この続き:0文字

本を読み始めた本当の理由

Minako Masubuchi

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人生を生き直す長い旅をしています。お返しは何もできないかもしれませんが、旅のおともにいただけたらとてもありがたいです。

きっと生きて会えますように
37

Minako Masubuchi

Artist

何度も読み返したい素敵な文章の数々 vol.2

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。