見出し画像

喋る練習のために音声入力で書いてみる

おはようございます。 @masco です。

(以下音声入力した文章をもとに編集)

さっきから音声入力のアプリとかやり方を色々試してるんですけど、音声入力に関しては今Appleより Google なのかなという感じが早くもしています。Mac BookでGoogle ドキュメントに直接音声入力することが試した中で一番精度が高そうな気がしているので、これでやってみます。

今回は「喋る練習のために音声入力」というちょっと変わった…と言うか目的が違う使い方をしてみます。

音声入力、恥ずかしいです

AI の技術が発達してきて、喋るだけで色々な物が操作できる!ということがすごく最近話題になっています。でも我が家にはスマートスピーカーもないし、最近テレビで音声入力はできるようになったんですけど、わたしは個人的には音声入力は使いたくなくて…というのも喋るのが恥ずかしいなっていう気持ちが大きいからです。

音声入力に慣れると音声入力の方がもう完全に楽で、キーボードを打つのが面倒くさくなるみたいな記事を読んだりしたんですけど、わたしはそこまで行けるかちょっと分からないなーと。なのであえてやってみました。

あと音声入力を多分フルに活用してる方…今回ノートで拝見したけんすうさんは具体的な記事を書いてました。

あともう1年ぐらい前から勝間和代さんが音声入力で生活をかなり便利にしてるって言うのを調べたんですけど、けんすうさんも勝間さんもきっと人前で喋ることがかなり多い方々なので、喋る方が楽っていうのはその辺りもあるんじゃないかと思っています。その辺り気になります。

わたしはフリーランスでイラストレーターをやっていて、基本的に人と喋る回数がかなり少ないので、喋るっていうことはわたしにとってちょっと特別な体験である、というかちょっとエネルギーが必要なことでもあります。なので苦手意識があるし、個人的な問題なんですけど自分の声が嫌いです。なので音声入力が楽なんだろうなとは思うんですけどなかなか踏み出せないっていうことがありました。

でも今ちょっとゆっくりしゃべってるんですけど、迷いながら喋ってもあとから消したり調整すればいいし、自分の喋ってることがどんどん目の前で文章になっていくっていうのはなかなか面白いです。わたしはポエムみたいなエッセイを書いたりすることもあるので、そういうのはちょっと音声入力だと厳しいかなというか恥ずかしいかなっていう風な気はするんですけど、コラム的なものとかあと日記的なものとかは音声入力はすごく向いてそうな気がしてきました。

音声入力を繰り返すことで人前で喋る練習になるかも?

あと最近人前で喋る機会をいただくことが増えて、先日もクリエーターズ交流会で LT(ライトニングトーク)で5分ほど時間をいただいてライブドローイングをしながら喋るっていうパフォーマンスをしてみたんですけど、やっぱり人前に立って喋るっていう風になるとすごく緊張してしまいます。気持ち的には「よしやってやるぞ!」みたいなところはあるんですけど、どうしても体が震えてしまったり、それを人に指摘されてしまったりするのでちょっと恥ずかしいです。でもこうやって音声入力で誰にも見られていないところで喋るっていうのを繰り返していたらもしかしたら少し緊張も和らぐかもしれないなーという風に思いました。

慣れるって大事かもしれない

最近英語を勉強しているんですが、それで言われたことにも通ずるなあと思います。フラミンゴと言う英会話のレッスンをいつでも受けれるアプリを使って時々レッスンを受けてるんですけど、先日先生がレッスンの最後に私に話したことがあって。「あなたは今日このレッスンに来るまでに英語を喋りましたか?昨日喋りましたか?この後喋りますか?」って言われて。「レッスンの時しか喋る予定ないです」っていう風に言ったら「そうだよね、それが普通だと思うけど英語で喋るということをもっと日常にしないとなかなか英語は上達しないよ」という風に言われて。シャドーイングっていう、英語で喋ってる音声を聞いてその後を追いかけて喋るような勉強法…学生の時にやってた方とかも多いかもしれないんですけど、そのシャドーイングを勧められてほぼ毎日行っていました。

やってみると、やっぱり自分が英語を喋ることに「慣れる」っていうことが大事なのかなっていう風に思いました。わたしは上手く喋れるわけでもないし、発音どころか言葉にならないことをもにょもにょ言ってるだけになってしまってるんですけど、それでも英語を口にするっていう習慣をつけるっていうのは大事なのかもしれません。自分にとってそれが当たり前になると「英語学習」ではなく「英語を喋る生活」になるのかもしれないなという風に思いました。

音声入力ブログ、時々やります

なので音声入力とか人前で喋ることについても、もう少し慣れられるようになりたいです。まずは部屋で一人でこういう風に喋ることから始めようかなと思っています。せっかく先日から継続課金マガジンを始めて読んでくださってる方もいて、その中で日々感じたことを日記形式で書いているので、主にその辺りで使っていこうかなと思っています 。

そんなわけで多少編集はしましたが音声入力で書いてみました!いやー入力された原稿みると、自分の喋り方の癖もわかっておもしろいですね。「なんか」がすごく多いのと、一文が長いな〜と思いながら編集しました。喋るのうまくなれるといいなあ。継続課金マガジン(月額300円)もよろしくお願いします!

継続課金マガジン👉 「月刊ますこのスリッパ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの表現で何か琴線に触れることがあれば、ぜひ応援していただけると嬉しいです!

きっと生きてまた会えますように
52

Minako Masubuchi / Artist

Artist, JPN よくしゃべる芸術家です。生きづらい民。趣味は外国語と歌です https://instagram.com/minakomasubuchi_jpn

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。